活動内容

映画の日


 1896年(明治29年)11月25日〜12月1日、エジソンが発明したキネトスコープが、初めて神戸で輸入上映され、この年から数えて60年目にあたる1956年(昭和31年)より、“12月1日は「映画の日」”と制定し、日本における映画産業発祥(日本で初めての有料公開)を記念する日としました。
 一般社団法人映画産業団体連合会(映団連)では、「映画の日」の事業として、全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)及び傘下の各興行組合のご協力のもとに、入場料金割引、特別招待の実施、地域に即した関連行事の開催等により、全国の映画ファン及び一般の消費者の皆様に向け、一層のサービス向上に努めるとともに、映画を劇場で観ることの魅力を周知することに努めております。
 また、映画産業の活性化及び振興を図るために、「映画の日」中央式典を盛大に挙行し、映画業界で永年にわたり勤続されてきた方々及び映画産業の伸張に功績のあった方々を表彰しております。





第61回「映画の日」中央大会

<2016年12月1日(木) 於:グランドプリンスホテル高輪>

 

特別功労章

※順不同

 

井 英幸 さん (東宝株式会社 相談役)
山内 静夫 さん (松竹株式会社 元プロデューサー)
おすぎ さん   (映画評論家)

   

感謝状

 

石原 まき子 さん (株式会社石原プロモーション 代表取締役会長)



 第61回「映画の日」特別功労章は、時代を読み、シネコン時代に対応した興行部門の再編を行いながら、配給部門では自社歴代最高の興行収入を毎年更新、更に、自社製作のみならず、現在主流となっているテレビ局をはじめとする異業種との共同製作にも積極的に取り組み、今日に続く日本映画隆盛の基盤を築いてこられた井英幸さんが受章されました。

 また、映画『早春』『彼岸花』『秋日和』『秋刀魚の味』などの代表作を含めて、小津安二郎監督作品のプロデュースに心血を注がれ、小津監督亡き後は、「小津安二郎記念・蓼科高原映画祭」などを通して、永年にわたり、献身的に小津監督の世界観を世に発信し、国内外の数々の映画作家に影響を与え続けた山内 静夫さんが特別功労章を受章されました。

 また、キネマ旬報誌、広告批評など、様々な雑誌に映画評論を書き続け、映画の素晴らしさ・面白さを国民に広く伝えることで、映画ファンの裾野の拡大に貢献され、更に、ラジオやテレビなどの様々な番組を通して、オピニオンリーダーとして、幅広い層の視聴者に絶大なる影響力を与え続け、観客動員の向上にも大きく寄与されたおすぎさんが特別功労章を受章されました。

 更に、石原裕次郎氏と共にスター独立プロ「株式会社石原プロモーション」を創立、日本映画史に刻まれる数々の大作、ヒット作を製作され、裕次郎氏ご逝去後も、渡哲也氏と協力し合い、映画復興の遺志を受け継ぎ、独立プロとして半世紀もの永きに亘り日本映画の活性化に貢献し続け、また、およそ30年に亘り、映画界の為にスケールの大きな映画作品を顕彰する「石原裕次郎賞」と、将来性豊かな新人に贈られる「石原裕次郎新人賞」を創設し積極的に運営に尽力され、本年度は16年ぶりに「石原プロ次世代スター発掘オーディション」を主催するなど、映画界の発展と人財育成に貢献し続けている石原まき子さんへ感謝状が贈呈されました。

受章者記念写真

後列(左から)女優:辻本瑞貴さん((株)松竹エンタテインメント)/来賓:竹内芳明さん
(経済産業省 大臣官房審議官)/来賓:内丸幸喜さん(文化庁 文化部長)/
女優:海老瀬はなさん((株)松竹エンタテインメント)
前列(左から)感謝状:石原まき子さん/特別功労章:山内静夫さん/
特別功労章:井英幸さん/特別功労章:おすぎさん


特別功労大章、井 英幸 さん

特別功労章:井 英幸 さん

「これまで色々な賞は差し上げるものだと思っていたけれど、まさか自分が頂けるとは想像もしておりませんでした。只今の表彰状の過分な内容に、ひたすら恐縮しております。選んでいただいた映団連の大谷会長をはじめ、各役員の皆様にお礼を申し上げます。私は東京オリンピックの開催された1964年に東宝に入社しました。そして70年代の大阪万博、80年代のバブル景気と、この間30年間、日本の経済の成長ぶりは目を見張るものがありました。一方で、映画界の方は、戦後からの邦画の全盛期が終わり、その後の四苦八苦が続いていた30年でありました。が、この間、社内・社外を問わず、業界の内外を問わず、映画に情熱と才能を持つ多くの人との出逢いに恵まれ、何とか切り抜ける事ができました。90年代に入って、バブル経済が弾け、世の中が平常心を取り戻した頃に、シネコンの第1号が誕生しました。そのシネコンの普及と共に、『もののけ姫』『タイタニック』『踊る大捜査線』『千と千尋の神隠し』などのスーパーヒットを体験して、ようやく映画界が長いトンネルをくぐり抜けた事を実感しました。同時に、これからが攻め時だとも確信しました。21世紀に入り、日本映画の注目度も非常に高くなって今日に至っています。入社以来52年、これまで出逢った皆様、先輩、同僚、そして後輩に、心から感謝を申し上げます。最後に、33歳の時に出逢った、当時40歳の営業本部長だった松岡(功)のその後40年に亘る公明正大なリーダーシップに深く感謝したいと思います。そして、今日は「映画の日」です。私をここまで導いてくれた「映画」に感謝したいと思います。」

特別功労章、山内 静夫さん

特別功労章:山内 静夫 さん

「映画界を離れてから、数十年が経つのに、このような席にお招きいただき、また、栄えある章を頂き、ありがとうございます。小津安二郎先生のお仕事を手伝っただけで、私など大した仕事もしていないのに、全て、小津先生のお陰だと思っております。私が、実際に先生のお仕事を現場で手伝ったのは10年程でございますが、その間は1年中365日のうち250日位は小津監督と行動を共にしておりました。それは、到底、語り尽くせるものではございませんが、何よりも小津監督の評価が高まっているという事が、私は1番嬉しい事でございます。業界を離れてから時間が経っておりますのに、お忘れなく、私のような者にまでお褒めの言葉を頂戴して、誠に恐縮しております。今は、機会があれば、松竹の後輩達と会って、映画の話をするのが、何よりの愉しみでございます。今日は、また、こういう機会を頂き、皆様にお褒め頂いて、心から御礼を申し上げる次第です。」

特別功労章、おすぎ さん

特別功労章:おすぎ さん

「(受章が決まって)大変な事になっていたなと、今、改めて思っております。只今、大谷会長から嬉しいお言葉を頂き、大谷会長とも長いお付き合いをしてきたけれど、考えてみたら、自分は何もしてこなかったのに、こんな風にして頂けて、ありがたいという気持ちと申し訳ないという気持ちで一杯です。ずっと子供っぽい事ばかりやってきたので、(特別功労章を)受けるのをどうしようかな、と迷ったのですが、70歳も過ぎたので、もういいかな、許して貰えるかな、と…。淀川長治先生や双葉十三郎先生にも、「大丈夫ですか?」と尋ねながら、この章を受ける事に決めました。」

特別功労章、石原 まき子 さん

感謝状:石原 まき子 さん

「只今ご紹介頂きました元・女優の北原三枝、そして石原裕次郎の女房になりまして50数年過ごしております石原まき子でございます。光陰矢の如しと申しますが、裕次郎が旅立ってからアッという間に、まもなく30年になります。その間、私と共に、裕次郎が残してくれた石原プロの渡哲也さんをはじめ、素晴らしいスタッフの方々が、まだまだ沢山残ってくれております。設立当時は真っ黒だった髪の毛が真っ白になってしまったスタッフ、フサフサだった人がツルツルになってしまったスタッフもおり、今でも、私を支えてくださっております。支えてくださる以上は、私のような女一人でも、役に立てるならば、健康で歩けるうちは、これからも恥をかかぬように、石原プロも頑張って、いつまでも協力させていただこうと思っております。また、私は『君の名は』がデビュー作だったんですね。(ゴールデングロス・最優秀金賞:アニメ『君の名は。』にかけて)今日は、2つ頂ける訳ですね。私は賞を頂けるという事は滅多にないので、こんなに嬉しい事、こんな感動はございません。」


>>映画の日 特別功労大章・特別功労章及び感謝状贈呈者一覧へ