活動内容

映画の日


 1896年(明治29年)11月25日~12月1日、エジソンが発明したキネトスコープが、初めて神戸で輸入上映され、この年から数えて60年目にあたる1956年(昭和31年)より、“12月1日は「映画の日」”と制定し、日本における映画産業発祥(日本で初めての有料公開)を記念する日としました。
 一般社団法人映画産業団体連合会(映団連)では、「映画の日」の事業として、全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)及び傘下の各興行組合のご協力のもとに、入場料金割引、特別招待の実施、地域に即した関連行事の開催等により、全国の映画ファン及び一般の消費者の皆様に向け、一層のサービス向上に努めるとともに、映画を劇場で観ることの魅力を周知することに努めております。
 また、映画産業の活性化及び振興を図るために、「映画の日」中央式典を盛大に挙行し、映画業界で永年にわたり勤続されてきた方々及び映画産業の伸張に功績のあった方々を表彰しております。





第66回「映画の日」中央大会

<2021年12月1日(火) 於:グランドプリンスホテル高輪>

 第66回「映画の日」中央大会は、昨年に引き続き、コロナ感染症拡大予防の観点により、受章者及び関係者のみ(約100名)の参加で開催いたしました。
 式典では、映画業界で40年以上勤務された永年勤続功労章32名の表彰が行われ、また、日本映画界に多大な貢献をされた方々に対して特別功労章等の授与が行われました。
 特別功労大章は、映画界の主要な要職を歴任し業界の牽引役を果たされ、また経営者であると同時に、俳優・企画・プロデューサーも務め、あまたの映画作品を世に送り出された故・岡田裕介氏が受章されました。
 特別功労章は、稀代のプロデューサーとして手腕を発揮され様々な作品を世に送り出され、また、作品や作り手達への支援も熱心で、ミニシアター文化の発展への寄与や後進の育成にも尽力された故・原正人氏が受章されました。
 同じく、特別功労章に、時代の風を読み、米アカデミー賞受賞作品を数多く公開するなど外国輸入配給事業の発展に寄与され、また、長年の国際ビジネスで培われた高い見識により、国際交流や映像コンテンツの海外発信、更には、映画製作者の育成支援にも大きな貢献を果たし続けている依田氏が受章されました。
 また、コロナ禍で苦境に陥ったミニシアター救済に向けて、署名活動と大規模なクラウドファンディングを実施され、映画ファンと映画館を繋ぐ大きな架け橋となり、また、緊急事態宣言発令に伴う映画館休業要請においては、全興連・映連と共闘し、早期の営業再開実現に貢献するなど、コロナ禍における映画文化の存続・発展のために力強い活動を行ったSAVE the CINEMA様に対し、映画界より感謝状が贈られました。
 なお、式典に引き続き、映連主催の第47回「城戸賞」授与式、並びに、全興連主催の第39回「ゴールデングロス賞」授与式が行われました。

第66回「映画の日」特別功労大章・特別功労章・感謝状 一覧


●特別功労大章
 岡田 裕介 様
(東映株式会社 代表取締役グループ会長)

●特別功労章 ※五十音順
 原 正人 様
(プロデューサー/Hara Office 代表/元 アスミック・エース 特別顧問) 
 依田
(ギャガ株式会社 代表取締役社長CEO/株式会社ティー ワイ リミテッド 代表取締役会長)

●感謝状
 SAVE the CINEMA 様



集合写真

後列(左から)俳優:前川莉珠様/来賓:藤田清太郎様(経済産業省 大臣官房審議官)/来賓:中原裕彦様(文化庁審議官)/俳優:中島瑠菜様 前列(左から)北條誠人様/依田様/岡田裕介様 代理・高木美也子様/原正人様 代理・豊島雅郎様



特別功労大章:岡田 裕介様、代理:高木美也子様

特別功労大章:岡田 裕介 様
代理:高木 美也子 様 (東京通信大学・人間福祉学部教授、コメンテーター)

(岡田様は、昨年11月に惜しまれつつご逝去されたため、代理として、岡田様の妹様の高木美也子様にご登壇いただきました)

「本日は、故・岡田裕介が特別功労章を受章することが出来まして、大変喜ばしいことでございます。
 昨年の11月18日に兄・岡田裕介は急逝いたしました。71年の人生でした。
 最後まで製作に取り組んでいた『いのちの停車場』が、コロナ禍の中で本当に上映できるのかと危惧しておりましたが、皆さんのご協力によって、多くの観客の方に鑑賞いただけたのは、遺族として大変嬉しいことでした。
 岡田裕介は『赤頭巾ちゃん気をつけて』で俳優デビューし、そのまま俳優人生を歩み、その後、高倉健さんや吉永小百合さん主演の『動乱』など沢山の映画をプロデュースし、そして、東映の社長・会長を歴任させていただきました。父・岡田茂、兄・岡田裕介が非常に愛した東映の70周年を一緒に迎えられなかったことは心残りだったと思いますが、映画という素晴らしいところに身を置き、活躍できたということは、素晴らしい人生だったのではないかと思います。 」



特別功労章:原正人様、代理:豊島雅郎様(アスミック・エース株式会社 取締役)

特別功労章:原 正人 様
代理:豊島 雅郎 様 (アスミック・エース株式会社 取締役)

(原正人様は、本年3月に惜しまれつつご逝去されたため、代理として、豊島雅郎様にご登壇いただきました)

「まず、本日は、本来であれば、原正人さんのご遺族の方にご登壇いただき、この栄えある章を受章させていただくべきなのですが、ご遺族の方に所要があり、ご家族に変わり私が登壇させていただいくことをお伝えさせていただきます。
 原さんは、今年の3月17日に89歳でご逝去されましたが、5年前まで、アスミック・エースにご出勤いただき、私のような若輩者や20代の若いスタッフにまで声をかけてくださり、『なぜこの映画は当たったのか? 外れたのか? 君はどう思うかね?』と、84歳まで現役で、我々の指導をしてくださいました。本日も、日本ヘラルド映画、ヘラルド・エース、エース・ピクチャーズ、アスミック・エース等のいわゆる『原学校』の門下生が、沢山、列席させていただいております。
 原さんは、『宣伝の神様』と言われた方で、宣伝部長としてタクトを振るわれ、社会現象になるようなヒット作を次々と生み出しました。1970年代『エマニエル婦人』では、イタリア映画で誰も目に付けなかった作品に対し、宣伝で様々な仕掛けをしたり、日本独自のビジュアルを作ったり、当時影響力のあったテレビ・スポーツ新聞のチカラも借りて、社会現象にしていきました。逆に云うと、『メジャーでは出来ないことを自分たちはどうやっていくか、いつも考えていた』と教えていただきました。
 原さんは、本日お集まりの映連の皆様、インディペンデントの皆様、単館系の皆様、メジャーの興行系の皆様など、全ての方々と仕事をして、あの世に旅立っていかれました。我々としては、本当に、最後の最後まで、精神的支柱として、原さんの背中を見ながら仕事をして参りました。原さんは常々、『映画は当てて一人でも多くのお客様に届けないとダメなんだ』と仰ってました。その想いを受け継いで、一人でも多くの方々にお届けできるように、本日お集まりの皆様と一緒に、頑張って参りたいと思います。
 原さんは、プロデューサーとして、80年代に『戦場のメリークリスマス』や『乱』等の海外合作を推進し、先鞭をつけた日本のプロデューサーでございます。今年4月に行われた米国アカデミー賞のイン・メモリアム(追悼)というコーナーで、日本人では、唯一、原さんが紹介されました。それもひとえに80年代に一緒に仕事をされたジェレミー・トーマスさんが推薦してくださったのだと思います。昔、ご一緒させていただいた『絆』は繋がっているのだな、プロデューサーのチカラは凄いなと、改めて思った次第でございます。
 最後に、原さんの生き方が表された『最後のダンディズム』をお披露目させていただきます。原さんは、亡くなる日の前の晩、ご長男と次男と奥様と4人でお食事をされて、その日の夜に静かに息を引き取られたと聞いております。そのような最後は、原さんご自身の晩節を汚さない『ダンディズム』というか、原さんの生き方が表されていると思います。 」



特別功労章:依田 巽 様 (ギャガ株式会社 代表取締役社長CEO/株式会社ティー ワイ リミテッド 代表取締役会長)

特別功労章:依田 様 (ギャガ株式会社 代表取締役社長CEO/株式会社ティー ワイ リミテッド 代表取締役会長)

「このように重い、大変立派な章をいただきまして、心から感謝を申し上げます。と同時に、自分の大きな責任も感じております。
 本日、受章された皆様と比べますと、私はまだまだ業界の経験も浅く、10月の外配協の理事会で突然推挙された時には、『イヤ、私はまだ早いです』と申し上げたのですが、大角副会長が、『これは外配協として決めたことだから』と仰られたので、お受けさせていただいた次第です。
 特別功労大章を受章された故・岡田裕介さんとは、映画業界の前からお付き合いをいただき、ティ・ジョイでは30数年に亘り取締役としてご一緒させていただき、本当に親しくさせていただきました。また、原先輩も多くの実績を残された大先輩で、私も大変可愛がっていただき、そのお二人と同じ日に受章させていただくのもご縁ということで、大変光栄に感じております。
 私は1985年のプラザ合意で、日本の為替レートが大幅に変わり、円高になり、非常に世の中が変わる時にソフト時代の予兆を感じ、33年前にソフト業界に入りました。そして、映画業界に携わり22年経ちますが、まだまだ成功の途中であろうと思っております。
 先週末に、岡田家の一周忌の墓参をさせていただきましたが、その墓誌の中に、岡田茂名誉会長が東映入社時代(に黒川社長からいただいた言葉)の『鶏口(けいこう)となるとも牛後(ぎゅうご)となるなかれ※』が書き残されておりました。私もちょうど20代の頃、そういう気持ちがありました。ギャガという会社を、何とか総合的に力のある会社にと、今でも信じて、日夜、楽しく元気にさせていただいております。今回の受章は『そろそろ歳だから』と言う事ではなく、『もっと頑張りなさい』と言っていただいていると思っております。私としては、映画をライフワークにして、自社のみならず、業界が少しでも明るく良い業界になって欲しいと、強く感じている次第です。
 本日ご列席の映画業界の諸先輩の方々には、色々とお世話になりました。今日まで、私を支えてくれたギャガの役員、職員、社員の皆さんなど、彼らにとっても栄誉なことではないかという気持ちもございます。今後とも、一生懸命、もっともっと頑張りますので、皆様、宜しくご指導のほど、お願い申し上げます。
 そして、改めまして、私が敬愛する故・岡田裕介さんと原正人さんのご冥福を心からお祈りして感謝の意とさせていただきます。本日は、誠にありがとうございました。」

※ 鶏口(けいこう)となるとも牛後(ぎゅうご)となるなかれ
意味:強い勢力のあるものにつき従うより、たとえ小さくても独立したものの頭(かしら)となれということ。



感謝状:SAVE the CINEMA様 北條 誠人 様 (ユーロスペース 支配人)

感謝状:SAVE the CINEMA様
北條 誠人 様 (ユーロスペース 支配人)

(SAVE the CINEMA様を代表して北條 誠人 様にご登壇いただきました)

「感謝状をいただき、とても嬉しく思います。いただいた感謝状がとても大きかったので、改めて、この章の意味を噛みしめている次第です。
 本来ですと、私たちの方が皆さんに対して、感謝をしなければならないと思っております。9万筆の署名、あるいは3億3千万のクラウドファンディングに参加していただいた方、そして私たちを支えてくれている配給会社や監督、映画を作っている方たち全てに対して、改めて、感謝申し上げます。
 昨年4月から、私たちは、小さな劇場や映画監督、プロデューサー、配給会社の人たちと共に、無我夢中で走って来たなという感じがしていたのですが、このような感謝状をいただいたことによって、『あぁ、私たちは、皆さんからもちゃんと支持をされていたんだ』ということを改めて思い、とても嬉しく思います。
 本日は、本当にありがとうございます。心より感謝申し上げます。」




>>映画の日 特別功労大章・特別功労章及び感謝状贈呈者一覧へ